包茎手術前後でどう変わる?陰茎の比較

痛みや痒みが改善する事もある

陰茎の痛みや痒みが定期的に発生する事に悩まされている方々に最適なのが、包皮の内側に菌類が溜まりにくくなる包茎手術です。包茎の状態が悪いと陰茎の隅々まで汚れを落とす事ができずに、一部に菌類が溜まる事で痛みや痒みが起こる場合もあるので、股間の違和感に苦しんでいる方々も手術を受けてください。包茎手術の前後を比較するだけで、痛みや痒みが改善する事がすぐに分かると言われており、陰茎を洗いやすくなった事に多くの男性が満足しています。

菌類による炎症が原因で皮膚の色合いが変化していた方々も、包茎手術を受ける前と比較すると皮膚の色合いが改善したと喜んでいて、自分の股間の見た目に自信を持つ事が可能です。股間の炎症を放置していると陰茎だけでなく周囲の皮膚まで変色してしまい、他人に股間を見られるのも辛いと感じる状態になりかねません。痛みや痒みなどの症状に悩まされずに、股間の見た目に自信を持つためにも包茎手術を受ける事をおすすめします。

感度の変化が大きいと話題

パートナーとの性行為を楽しんでいても股間が刺激に弱すぎて、すぐに射精してしまう事に悩まされていた方々も、包茎手術を受ける前後を比較すると早漏が改善している事が分かります。包茎手術を受けた後は陰茎が外部からの刺激を受けやすくなるために、自然と刺激に強くなって早漏が改善すると言われており、その効果の大きさは口コミでも話題となりました。下着と亀頭がこすれているうちに刺激に強くなって、手術を受ける前と比較するとパートナーの満足度も上がったと多くの人が認めています。

包茎をそのまま放置していると性交を楽しんでいる時に包皮が動いてしまい、パートナーに十分な刺激を与える事が難しい点にも注意が必要です。コンドームを装着した際に内側で包皮が動いて、コンドームが外れてしまう事がある点にも気を付けてください。評判の良いクリニックなら大きな傷跡も残さずに手術を終わらせる事ができて、痛みも気にせずに傷が完治するのを待っていられます。

まとめ

包茎手術に興味を持っているけれど手術を受けるメリットがよく分からないという人は、股間に起きる炎症などのトラブルや、包茎が原因でコンドームが外れてしまう可能性について調べる事をおすすめします。

手術を受ける前と比較すると性行為を楽しみやすくなって、パートナーの満足度が上がったと言われているのも、多くの人から包茎手術が注目されている理由の一つです。大きな傷も残さずに手術を終える事ができるので、見た目が悪化しないか心配する必要もありません。

包茎手術で比較すべき費用の話

包茎手術を考えているなら費用を比較してみよう

自分に自信が持てない、見た目のコンプレックスがある、痛みやかゆみ、においの症状があるなど包茎の悩みがある場合には、包茎手術を早めに受けることをおすすめします。包茎手術を受けようとしたときに、気になるのが費用です。包茎手術の多くが、保険適用外となっており自由診療のため、クリニックが独自に料金を設定しており、クリニックごとにかかる費用が異なります。

手術費用自体をクリニックが独自に設定できるほか、手術前の検査や手術後の経過観察などについてもクリニックによってかかる費用が異なっています。つまり費用が安いクリニックから高いクリニックまであるということになり、包茎手術をするなら、事前に費用を比較してから選ぶことが大切というわけです。

包茎手術は何度も受ける物ではないので、事前にしっかりと比較をして納得できる内容で、適正価格と思えるクリニックを選ぶことが、包茎手術で後悔をしないためのポイントです。

包茎手術の費用を比較する方法

包茎手術の費用を比較するために、クリニックのホームページに掲載されている料金で比べる人がいますが、ホームページに掲載されている料金の多くが費用の一例であり、実際に自分が受けた包茎手術の料金は表示されていたものよりも高かったということは良くあります。

費用を比較するためには、実際にクリニックのカウンセリングを受けて、自分の場合の価格を確認してから比較することがおすすめの方法です。ランキングなどで人気があり、評判の良いクリニックを3つ程度探し、カウンセリングで確認した費用で比較をすると良いでしょう。

費用を確認する場合には、手術料金だけではなく、事前の検査費用や麻酔代、薬代と手術後の通院費用などの総額と内訳を教えてもらうようにすると安心です。クリニックごとに手術費用に含まれる内訳が異なったり、追加料金がある場合もあるので、費用の総額を聞くことが大切なポイントになるという訳です。

まとめ

包茎手術は保険適用外の自由診療なので、クリニックが独自に料金を設定しています。同じ包茎手術でも、クリニックごとに料金が異なるので、事前のカウンセリングを利用して費用を確かめ、費用の総額を比較することがポイントです。

比較をする場合には費用の安さだけでなく、説明をしっかりと行い、分かりやすいことやドクターとの相性、納得できる治療を受けられることなどを総合的に比較し、自分が良いと思ったクリニックを選ぶことが大切です。

包皮を切らない包茎手術とは?切除術との比較

切除と比較すると弱点が多めな切らない包茎手術

包茎治療では、余っている包皮を物理的に切除してしまうのがスタンダードな種類です。しかし性器にメスを入れたくないと考える人もいるでしょう。そんな人には切らない包茎手術という選択肢があります。

切らない中で定番なのは糸あるいは接着剤を使用するもので、余っている包皮を根元に手繰り寄せた状態で固定してしまいます。もちろん皮が余っているので、切除する包茎手術と比較するとシルエットが歪みがちです。また切除は基本的に半永久的ですが、糸と接着剤のどちらも維持できる期間が比較的短いという弱点があります。いずれは劣化して、大抵は元の状態に戻ってしまいます。

強みとして挙げられるのは切らないという一点においてのみで、どのクリニックでも推奨されることはないでしょう。それでも切るよりはましだという人向けの包茎手術と考えてください。包茎にありがちな性行為の邪魔になったり、亀頭との隙間に垢が溜まるのを防ぐことは可能です。

包茎手術以外で間接的に改善

男性器に施せるのは包茎手術以外にもいくつかあり、それを間接的な包茎改善に繋げるというのも手です。亀頭増大がその中のひとつで、カリ部分にヒアルロン酸を注入します。そして大きくなったカリ部分がストッパーの役割を果たすことで、皮が亀頭に被るのを防ぎます。

また長茎術といって、男性器全体を間接的に長くするという方法もあります。陰茎は身体の方にまで伸びているため、それを切開あるいは糸での固定で剥き出しにすることで相対的に長くできる内容です。陰茎が長くなればそれだけ必要とされる皮が増えるので、亀頭に被っている分がそのカバーに入ることで包茎改善になるわけです。

これらの手術はあくまでも別の目的があって、その副産物として包茎手術にもなるものです。したがってその主な恩恵も一緒に得たい場合には適しているかもしれません。ただ切除する包茎手術と比較しても、確実に包茎が改善されるわけではないことは覚えておきましょう。

まとめ

包皮を切らない包茎手術は一応ありますが、そのほとんどを切除の代用のように考えておいた方が良いかもしれません。メスを入れたくない人は、スタンダードなものと比較して、どうしても不可能かどうかを今一度確認しましょう。
さらにいずれの方法も、あくまでも自分で包皮を剥くことができる仮性包茎の症状が対象です。亀頭を剥き出しにすることができない、あるいは剥き出しにすると異常が出る恐れのある真性包茎は切除するしかありません。

男性はペニスを比較しがち!自信を持ちたいなら包茎手術へ

ライバルとの比較は悪いことではない

人間は何かと比較をしたがる生き物です。自分の持っているものを他人と比較し優越感や劣等感を抱きます。男性の場合、メンツを大切にすることが多く、容姿をはじめ経済力や地位などを比較し虚勢を張ったりします。しかしそれらを比較し劣等感を感じることは決して悪いことではなく、例えばライバルに引けを取らないように自身を磨く原動力にもなります。

ところで男性が心の中で密かに比較しているものの一つに、男性のシンボル「ペニス」があります。自分のものが大きいのか小さいのか、分からないまま劣等感を抱いている人は多いはずです。というのも普段の生活で他人のものを見ることはほとんどないからです。

そのため、何となくライバルの方が大きいのではないのかと、劣等感に苛まれている男性は多いかもしれません。ですがペニスは見せるものではありませんし、競い合う場もありません。大きさはそれほど気にすることはないはずですが、女性と交際するようになれば、そうも言ってられないことがあります。

包茎でペニスに劣等感があるなら包茎手術を

女性と交際する場合、ライバル以上にペニスに関する劣等感に苛まれてしまうこともあります。女性は交際を始める際、イケメンかどうか、経済力はあるのか、優しくしてくれるかなどで男性を見極めることが多いです。ですが深い関係になれば、女性の関心は男性のシンボルへと向き、もちろん大きさについて何らかの印象を持つはずです。その際「前の彼は剥けていて大きかったわ」と言わんばかりの表情で見られたらたまりません。

トラウマになってしまいます。ところで日本人は包茎の割合が高いと言われてます。包茎のままだとペニスの成長が妨げられてしまうとも言われてます。包茎を不潔と見る女性もいますし、早漏の原因にもなります。そのため包茎手術を受けてそれらを解消しようと努力する人もいます。包茎手術でペニスの皮にメスを入れることに怖さを感じる人がいるかもしれません。

しかし今では様々なクリニックがあり、包茎手術を専門で行っているところもあります。中にはスタッフ全員が男性というクリニックもあり、安心して施術を受けられます。包茎手術で劣等感を取り除けば、女性に対する心の余裕も生まれるはずです。

まとめ

ライバルと自分を比較し悩むことは悪いことではないのですが、ペニスについては少し事情が違います。女性と交際する中で劣等感が生まれてくることがあるためです。もし包茎だから小さいのだと感じた時は包茎手術を受けることが一つの手です。

自分のものに自信を持てば、どんな女性を相手にしても劣等感を抱くことはないはずです。女性との交際で自信が出てくれば、ライバルにも優越感を抱くことができるでしょう。まずは包茎手術はどういったものなのか、どういったクリニックがあるのかなどを調べるところから始めては如何でしょうか。