包皮を切らない包茎手術とは?切除術との比較

切除と比較すると弱点が多めな切らない包茎手術

包茎治療では、余っている包皮を物理的に切除してしまうのがスタンダードな種類です。しかし性器にメスを入れたくないと考える人もいるでしょう。そんな人には切らない包茎手術という選択肢があります。

切らない中で定番なのは糸あるいは接着剤を使用するもので、余っている包皮を根元に手繰り寄せた状態で固定してしまいます。もちろん皮が余っているので、切除する包茎手術と比較するとシルエットが歪みがちです。また切除は基本的に半永久的ですが、糸と接着剤のどちらも維持できる期間が比較的短いという弱点があります。いずれは劣化して、大抵は元の状態に戻ってしまいます。

強みとして挙げられるのは切らないという一点においてのみで、どのクリニックでも推奨されることはないでしょう。それでも切るよりはましだという人向けの包茎手術と考えてください。包茎にありがちな性行為の邪魔になったり、亀頭との隙間に垢が溜まるのを防ぐことは可能です。

包茎手術以外で間接的に改善

男性器に施せるのは包茎手術以外にもいくつかあり、それを間接的な包茎改善に繋げるというのも手です。亀頭増大がその中のひとつで、カリ部分にヒアルロン酸を注入します。そして大きくなったカリ部分がストッパーの役割を果たすことで、皮が亀頭に被るのを防ぎます。

また長茎術といって、男性器全体を間接的に長くするという方法もあります。陰茎は身体の方にまで伸びているため、それを切開あるいは糸での固定で剥き出しにすることで相対的に長くできる内容です。陰茎が長くなればそれだけ必要とされる皮が増えるので、亀頭に被っている分がそのカバーに入ることで包茎改善になるわけです。

これらの手術はあくまでも別の目的があって、その副産物として包茎手術にもなるものです。したがってその主な恩恵も一緒に得たい場合には適しているかもしれません。ただ切除する包茎手術と比較しても、確実に包茎が改善されるわけではないことは覚えておきましょう。

まとめ

包皮を切らない包茎手術は一応ありますが、そのほとんどを切除の代用のように考えておいた方が良いかもしれません。メスを入れたくない人は、スタンダードなものと比較して、どうしても不可能かどうかを今一度確認しましょう。
さらにいずれの方法も、あくまでも自分で包皮を剥くことができる仮性包茎の症状が対象です。亀頭を剥き出しにすることができない、あるいは剥き出しにすると異常が出る恐れのある真性包茎は切除するしかありません。