男性はペニスを比較しがち!自信を持ちたいなら包茎手術へ

ライバルとの比較は悪いことではない

人間は何かと比較をしたがる生き物です。自分の持っているものを他人と比較し優越感や劣等感を抱きます。男性の場合、メンツを大切にすることが多く、容姿をはじめ経済力や地位などを比較し虚勢を張ったりします。しかしそれらを比較し劣等感を感じることは決して悪いことではなく、例えばライバルに引けを取らないように自身を磨く原動力にもなります。

ところで男性が心の中で密かに比較しているものの一つに、男性のシンボル「ペニス」があります。自分のものが大きいのか小さいのか、分からないまま劣等感を抱いている人は多いはずです。というのも普段の生活で他人のものを見ることはほとんどないからです。

そのため、何となくライバルの方が大きいのではないのかと、劣等感に苛まれている男性は多いかもしれません。ですがペニスは見せるものではありませんし、競い合う場もありません。大きさはそれほど気にすることはないはずですが、女性と交際するようになれば、そうも言ってられないことがあります。

包茎でペニスに劣等感があるなら包茎手術を

女性と交際する場合、ライバル以上にペニスに関する劣等感に苛まれてしまうこともあります。女性は交際を始める際、イケメンかどうか、経済力はあるのか、優しくしてくれるかなどで男性を見極めることが多いです。ですが深い関係になれば、女性の関心は男性のシンボルへと向き、もちろん大きさについて何らかの印象を持つはずです。その際「前の彼は剥けていて大きかったわ」と言わんばかりの表情で見られたらたまりません。

トラウマになってしまいます。ところで日本人は包茎の割合が高いと言われてます。包茎のままだとペニスの成長が妨げられてしまうとも言われてます。包茎を不潔と見る女性もいますし、早漏の原因にもなります。そのため包茎手術を受けてそれらを解消しようと努力する人もいます。包茎手術でペニスの皮にメスを入れることに怖さを感じる人がいるかもしれません。

しかし今では様々なクリニックがあり、包茎手術を専門で行っているところもあります。中にはスタッフ全員が男性というクリニックもあり、安心して施術を受けられます。包茎手術で劣等感を取り除けば、女性に対する心の余裕も生まれるはずです。

まとめ

ライバルと自分を比較し悩むことは悪いことではないのですが、ペニスについては少し事情が違います。女性と交際する中で劣等感が生まれてくることがあるためです。もし包茎だから小さいのだと感じた時は包茎手術を受けることが一つの手です。自分のものに自信を持てば、どんな女性を相手にしても劣等感を抱くことはないはずです。女性との交際で自信が出てくれば、ライバルにも優越感を抱くことができるでしょう。まずは包茎手術はどういったものなのか、どういったクリニックがあるのかなどを調べるところから始めては如何でしょうか。